想请假?
马上准备你的请假条!

日语请假用语

日语请假用语

①「会社は休まない」というのが大前提。社会人として自己管理をきちんとする

②体调不良などで当日突然、休む场合は必ず始业前までに上司へ连络をする。同僚への连络、ボードへの记入依頼だけではダメ

③よほどのことがない限り、本人が连络することが基本(家族などに頼まない)

④ファックスやメールでの连络は厳禁

⑤「休ませてほしい」だけでな社会人失格。突然の欠勤には必ず理由を述べ、迷惑をかけることへの谢罪をするのがマナー

⑥必要があれば、その日やるべき仕事の段取りを伝える

⑦代休、有给休暇など事前に休暇愿いを出して休む场合には、具体的な理由を述べる。必要はないものの、申し訳ないという気持ちを忘れないこと

◆ 当日、连络する场合

「申し訳ございません。○○(风邪をこじらせて)で本日お休みをいただきたいのですが、よろしいでしょうか」

「诚に恐缩ですが、朝から体调がおもわしくなく出社するのが难しいので休ませていただけないでしょうか」

◆ 事前に连络する场合

「○月×日にお休みをいただきたいのですが、よろしいでしょうか」

「忙しいところ诚に申し上げにくいのですが、以前からの约束で友人と旅行をする计画があります。つきましては、代休を1日いただきたいのですが、よろしいでしょうか」

2.

尊敬する指導:

こんにちは!!

私は***(名前)は、**年**月司、会社での仕事のこの時間、私は深く部門の企業文化に惹かれます。会社の企業文化の影響を受けて、私は知っていて、若い人としては、仕事も勉強を続けて、充電のため、個人能力を高め、自分の将来の職業企画に崖頑丈な基礎を築きます。だから、私は**年**月参加した会計資格証明書の訓練は、**年**月試験から毎回養成時間を毎週日曜日ですので、私は私の訓练の現申請期間(注人の具体的な時間)で、会社は忙しい情況の下で、私は週末に殘業!もちろん、もし会社のため緊急のことや仕事は処理して、私は仕事を重くて、最初に急ぐ会社!

盼望の指導が私に勉強のチャンス!!ありがとう!!!

指導者の承認を!ありがとう!!

申請人:

日期:

-------------

尊敬する先生:

私は、私が外出の就職、支配を良くするために時間も早く仕事を見つけ、現特別に学校を休み、休む時間はxx-xx年2月23日——4月3日。ここで、私の保証期間遵守に求職、関連の法律法規と行為規範、身の安全に注意して、卒業論文を完成させ、卒業設計などの学習の任務は、例えば学校から通知して関連の卒業手続きなど重要な手配を保証するために、直ちに回校処理、同時には休むこと外出求職の告知親は親の同意を求めて。

先生の承認を懇請する!

のべ

敬礼する

本人のサイン:

専攻クラス

xx-xx年月の日

―――

休暇届

親愛なるリーダー:

体が得xx并医者嘱托をきちんとお休みなので、一年以内に夜勤のない、ご承認。医者に建白書付。

氏名

年月日

2。

_ _ _ _ _ _ _ _ _会社の従業員の休暇申請書

申請期間:年月の日の第1頁

名前をタイプ□□課病気休暇

してください

お休み

期間自年月の日から

年月日共日

销假時間年月日繰り上げ、または超假日数

課長

審査部門主管

審査マネージャー

審査

注:私用休暇をとる1日以内に、各課室担当者の承認(の課室担当者を1日以内によって、主管審査担当)

1日以上から3日部門マネージャによって審査(課の担当者、総経理の審査)

4日以上は院長の承認を提供しなければならない;もし病気休暇病院の証明。(この単書は2連、第1頁留会社の人事部割;第二連留従業員の所在課の責任者に出席根拠として、出勤日に所在課の責任者に销假、各課室の担当者を毎月1先日は先月同課の「従業員を申請書」を提出し人事部)。

_ _ _ _ _ _ _ _会社の従業員の休暇申請書

申請期間:年月日第二連

名前をタイプ□□課病気休暇

してください

お休み

期間自年月の日から

年月日共日

销假時間年月日繰り上げ、または超假日数

課長

審査部門主管

審査マネージャー

審査

注:私用休暇をとる1日以内に、各課室担当者の承認(の課室担当者を1日以内によって、主管審査担当)

1日以上から3日部門マネージャによって審査(課の担当者、総経理の審査)

4日以上は院長の承認を提供しなければならない;もし病気休暇病院の証明。(この単書は2連、第1頁留会社の人事部割;第二連留従業員の所在課の責任者に出席根拠として、出勤日に所在課の責任者に销假、各課室の担当者を毎月1先日は先月同課の「従業員を申請書」を提出し人事部)。

关于日语请假用语的延伸阅读-- 请假工资算法

请假工资算法

基本工资/当月天数*(当月天数-请假天数)不合理;

职工全年月平均制度工作天数和工资折算办法分别调整如下:

一、制度工作时间的计算

年工作日:365天-104天(休息日)-11天(法定节假日)=250天

季工作日:250天÷4季=62.5天/季

月工作日:250天÷12月=20.83天/月

工作小时数的计算:以月、季、年的工作日乘以每日的8小时。

二、日工资、小时工资的折算

按照《劳动法》第五十一条的规定,法定节假日用人单位应当依法支付工资,即折算日工资、小时工资时不剔除国家规定的11天法定节假日。据此,日工资、小时工资的折算为:

日工资:月工资收入÷月计薪天数

小时工资:月工资收入÷(月计薪天数×8小时)。

月计薪天数=(365天-104天)÷12月=21.75天

2.

按劳动法和国家劳动和社会保障部《关于职工全年月平均工作时间和工资折算问题的通知》的规定,请假15天,出勤15天是不可能的,请假期间要扣除法定公休日,具体计算方法如下:

a.制度工作时间的计算:

年工作日:365天-104天(休息日)-11天(法定节假日)=250天

季工作日:250天÷4季=62.5天/季

月工作日:250天÷12月=20.83天/月

b.日工资、小时工资的折算:

工作小时数的计算:以月、季、年的工作日乘以每日的8小时。

日工资:月工资收入÷月计薪天数

小时工资:月工资收入÷(月计薪天数×8小时)。

月计薪天数=(365天-104天)÷12月=21.75天

c.请假应扣工资的计算:

实际请假的工作时间(小时)×小时工资

实际请假的工作时间(天数)×日工资

3.他的问题不少企业管理人员可能都存在,虽然他关于请假怎么扣工资与加班工资的计算方法,说得并不正确,但确实提出了一个问题。

关于请假怎么扣工资,这个劳动法有详细的规定,并在上述两篇专栏文章中有详细的叙述,在这里,只是简单的说明一下:

请事假是工人未提供劳动,可以不支付工资,但不能倒扣工资,所以,只能不发当天工资,请病假的时候,还需要按劳动法支付一定的最低生活费,体现人性化。

而加班如果发生在平时或者是周六日,可以不用支付工资,倒班就行了。如果不能安排倒班,由于工人是在已经完成正常工作的情况下,超额提供的劳动,所以,要额外支付比正常工资更高加班工资。

加班工资在周一至周五为1.5倍工资,在周六日为2倍工资。

国家法定假日加班,更是工人牺牲个人休息与家人团聚的时间,为企业提供劳动,所以,要给予3倍加班工资,并且不能倒休,因为国家法定假日,如春节、元旦等,一旦错过是无法替代的。

作为企业的管理人员,一方面要充分地学习劳动法,因为,违反的成本是很高的,劳动仲裁没有任何门槛;另一方面要认识到,只有以人为本的管理才能够持久,只有真正为工人着想,工人才会为企业着想。